2006年06月28日

海外駐在員の奥様

海外への憧れに商社の男性との結婚を望む女性は多いと思います。
でも海外へ赴任することになるのは商社の男性や外交官だけではありません。

銀行、海外に進出している小売業など、世の中はどんどんグローバルになっています。
ただ、仕事で海外へ行くというのは、想像以上に大変なものがあります。

今回は私のお友だちである海外駐在員の奥様のご紹介です。

夫:銀行勤務
妻:専業主婦
 都市銀に勤める夫についてインドネシアで生活(現在は帰国)。運転手付きの車、メイドさんと、想像通りの暮らしをしていたそうです。ただ、これはその国が政情不安定だったこともあり、ひとりできままな外出ができなかったからだそう。一見リッチで優雅な生活に見えますが、本人は窮屈で日本へ早く帰りたかったそうですよ。とにかく海外で暮らすというのは、旅行と違って、その国のいいところよりも悪いところとつき合わなくてはならないもの(特に仕事で海外へいく場合)だそうです。エネルギーとパワー溢れる女性でないと難しいとか。(現に離婚し日本へ帰る奥様もいるそう)

夫:某有名デパート勤務
妻:専業主婦
 イタリアで生活。奥様は英語が堪能で、生活に必要な最低限の語学力があったのですが、それでも半年は辛い生活だったそうです。知り合い、友達がいない、生活習慣が違う(彼女はアメリカで暮らした経験はあるのですが)ことによるストレスなど、相当なものだと伺いました。
 それを乗り越え、今現在は夫と幸せな海外生活をおくれるようになったのは、やはり彼女のバイタリティでしょう。物事を前向きにとらえる力、困難を楽しむ余裕が彼女にあったのです。

 夢や憧れだけでは海外生活は難しいのです。しかし貴女にそれを乗り越えるパワーがあれば大丈夫です。彼女たちは海外へ行って、多くのものを得ました。そしてさらに素敵な女性になったと思います。
posted by 東京マダム at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚生活アラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

Lesson 32 弁護士と結婚

 まずはお詫びを。

 1カ月以上もブログを更新できなかったことをお詫びします。
また、一部で意見と言うよりも誹謗中傷的な書き込みがあり、不快な思いをさせてしまったようです。
 管理人である私の管理不届きでした。重ねてお詫びいたします。
 世の中にはいろいろな意見があり、極端にいえば結婚をよしとしない考えもあるでしょう。ただし、このブログは幸せな結婚を目指す人を応援するブログです。その人たちの考えに賛同できなくとも、それを非難、中傷するような内容のものは削除させていただきます。また、そのような内容に過剰に反応する意見も却下させていただきます。そうしないと、どこかの掲示板のように、攻撃、罵り合い、収集がつかなくなりますので。
ご了承くださいませ。


 さて、本題です。
 私の周りで、また新たな夫婦が誕生したことをご報告いたします。
 彼女は私の仕事上の後輩。お相手は弁護士の方です。

 彼女の素晴らしいところは、豊富な人脈を持っていること。また、人脈を広げるのが上手なのです。
 自分の持っている人脈を出し惜しみしません。損得勘定無しに、他の人にオープンにすることができるのです。つまり、人に出会いを提供することが出来るのです。

 彼女の紹介でカップルになった人も何人もいますし、ビジネスの上でも素晴らしいパートナーシップを築いた人もいます。
 ひとりの人間を助ければ、そこからまた新たな紹介、出会いが生まれるというわけです。
 人は人を呼びます。
 人脈は人脈を呼びます。

 人が集まってくる人、それが彼女です。そんな彼女ですから、お相手は選り取りみどりと思っていたのですが、本人は恋愛までなかなか発展しないと悩んでいたようです。しかし、やはり素敵な女性には素敵な男性が現れるのです。
 やっと理想の相手に出会えたと、本当に幸せそうです。

Lesson 31 まとめ
 人が集まる人には、幸運も集まってきます。
 
posted by 東京マダム at 21:28| Comment(9) | TrackBack(0) | Lesson31〜40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

Lesson 31 妻に求める料理力

「男の胃袋を掴んだ者が勝ち」とよく言われます。料理の上手な女性はそれだけで、男性から魅力的に映るということです。結婚を意識し始めてから、料理の勉強を始めた方も多いのでは?

 さて、妻に求める料理力として、男性に訊いてみました。一番多い答えが、想像通りと申しましょうか「健康的な料理を作って欲しい」とのことです。
 彼らは決して、シェフなみの料理力や変わった料理や、フランス料理などを求めていません。
 ですから料理の腕自体は、学校の家庭科(今では生活科でしょうか)で習った程度で充分のようです。

 凝った料理よりも、健康を意識した料理、もっと簡単にいえば、野菜をたくさん食べられる料理です。
 
 高収入の男性はいくらでも美味しい店に通うことが出来ます。また、忙しいので外食が多くなります。つき合いで外食にならざるを得ないことも多々あります。
 そんなかれらが家庭で食べたいのは、日頃の美味しいけれど高カロリーな食事を帳消しにする素朴な野菜料理です。外食は野菜が不足しがちですから。
 最近の男性は女性と同じように健康、美容に気を使っています。サプリメントをとっている男性も結構います。(健康番組が流行るのも頷けますね)

 そんな男性に料理でアピールするなら、ぜひ旬の野菜をたっぷり使用した、季節と健康を感じさせる献立で。
 
 最近はハウスや輸入野菜が多く、本当の旬を知らない人が多いものです。あなた自身も野菜に詳しくなってください。

Lesson31 まとめ
 料理は「腕」よりも「知識」。
 凝った料理よりも、季節を感じさせるお野菜を。

野菜を使った料理の本を集めました
posted by 東京マダム at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Lesson31〜40 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

Lesson30 挨拶の効用

4月もそろそろ終り。新しい出会いはありましたか?

新人が学校に、会社にやってきたのではないでしょうか?(貴女自身が新人かもしれませんね)
見知らぬ人が周りに多くなる時期だからこそ、挨拶の大切さをきちんと心に留めておいて欲しいのです。

例え相手が無愛想でも、こちらはきちんと気持ちのよい挨拶を送りたいものです。挨拶をされて気分が悪くなる人はまずいませんから。

さわやかな笑顔と挨拶は、どんなに凝った名刺にも勝ります。
人間はやはり感情の生き物です。
好感を持った相手を邪険にはできません。
仕事上でもそうです。
同じミスをしても、周りがフォローしてくれる人と、見放される人がいませんか?
恋愛でも友情でもビジネスでも、まず信頼が第一です。
信頼の第一歩を得るのが、まず挨拶だと思います。

「挨拶をきちんとしよう」
というとまるで小学校のようですが、いがいとできていないひとが多いのです。
例えば同じ会社内でも、仕事に直接関係のない部署の人には知らん振り。
同じクラスでも話したこと無いから、友だちじゃないから知らん振り。

街ですれ違う人々全員に挨拶しろとは言いません。
ただもう少し、挨拶のテリトリーを広げてみてはいかがでしょう?
恋愛のテリトリーも広がると思いますよ。
posted by 東京マダム at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | Lesson21〜30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

Lesson29 春の季節

桜の花が満開です。見慣れた街が、華やかで幻想的な風景に見えます。

学生なら新学期、社会人なら新年度。
新しい場所でスタートをきる方、新しい人との出会いがある季節ですね。

そんな季節はチャンスもいっぱい。
おしゃれにも、仕事にも新しいチャレンジをしてみませんか?
新しいチャレンジに一番ふさわしい時期です。
髪型を変えてみる。今までしたことなかったタイプの服を着てみる。新しい勉強や習い事を始める。少し高めの仕事目標を持つ。

なんでもいいのです。ほんの小さい変化でも、周りの人は気づきます。
そうすると今まで眠っていたチャンス、出会いがやって来たり、貴女が気づいたりするでしょう。

春は心理的にも開放感があり、そして変化の多いことで、みんなが敏感になる季節です。
だから悪い変化はさらに悪く、良い変化はさらによい変化に評価されます。

ほん少し冒険してみるだけで
「あの人、あんなにおしゃれだったかしら?」
「あの人、こんなに積極的だった?」
「あの人、最近変わったよね」
と、一目置かれるでしょう。

さあ、春です。
貴女の花も咲かせてください。


posted by 東京マダム at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Lesson21〜30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

コスモポリタン休刊について思うこと

 女性誌「コスモポリタン日本版」、最近見ないと思っていたら休刊になっていました。提携先の米国のハースト社との契約の改定交渉が合意に至らなかったのが理由ということです。コスモポリタンといえば、働く女性向けの都市型雑誌の先駆け的存在でした。

 20年以上の歴史をもつコスモポリタンが休刊になってしまったのは少し淋しい気もしますが、同時に役目を終えて、休刊になるのもしかたがないことなのだとも思います。

 同誌が創刊された20年前の30代の女性と、21世紀後の30代の女性のライフスタイルは大きく変化しました。30代で働いていることが珍しいことでもなく、結婚しても、出産しても、女性であることを捨てずに、またキャリアを積むことを当たり前にこなしている女性が多くなってきました。
 三十代、四十代をターゲットにした女性誌の創刊ラッシュは、20年前ならずいぶんと肩肘を張らなくては成せなかったことを、今や自然にこなしている女性たくさんいる証拠でしょう。

 出産・育児のために、女性であることやキャリアを捨てることがなくなりました。もちろんそのためには努力が必要ですが、それだけ多様で欲張りな生き方ができるようになったのです。

 それだけ今の女性は、昔の女性よりも明確な未来図を描く必要が出てくるでしょう。
 おきまりの30歳、40歳、50歳というものがなくなったのです。仕事も結婚も出産も育児も、貴女の長い人生の一部です。

 貴女の描く30歳は? 40歳は? 50歳は?
 
 
 
posted by 東京マダム at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ができる女に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

禁煙のすすめ

 最近ではタバコを楽しむ女性が増えているようです。しかし、やはり私はタバコをおすすめしません。
 喫煙している方もご存知だと思いますが、タバコは百害あって一利無しです。

 肺がんの危険性等はいうまでもなく、ビタミンCを破壊すること、血液の酸素が減ることでお肌にも良くないですし、歯や歯茎、唇も黄ばんだり薄黒くなってきます。

 それに将来妊娠したらその期間約10ヶ月禁煙しなければなりません。しかし喫煙者にとって10ヶ月の禁煙期間はかなりストレスが溜まるものだと想像できます。母親のストレスが胎児によいわけはありません。

 わかっていても辞められない。それがタバコというものでしょうが、それでも自分のため、将来のために決断してみませんか?

 残念ながら、どんなにマナーを守ろうと、喫煙している姿が美しい女性を見たことがありません。

 私は23歳のときに決断しました。まだヘビースモーカーになる前なので多少は楽だったかも知れません。私の場合も、周りの人を見ても、徐々にタバコの数を減らすよりも、「えい!」っと勢いよく突然止めたほうがうまくいくみたいです。

歯の黄ばみ。気になりだしたら・・・



禁煙セラピーはこちらから
posted by 東京マダム at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

Lesson28 淑女とお酒

 気になる男性、あるいは彼がお酒好き。でも私は全くダメ。そんな時はどうすればよいか?
 案外、こういう悩みを持つ女性は多いものです。
 
 素敵なレストランやバーでお酒が飲めないと雰囲気を壊さないか? 相手が楽しくお酒を飲もうとしているのに、その気持ちに水をさしたりしないか?

 付き合いが長くなれば簡単にいえることも、お付き合い初めの頃は緊張しますよね。何より相手に好かれたい。相手に合わせたい。

 そこで飲めない女性のスマートなお酒との付き合い方。
(ビジネスシーンにも使えます)

 まず、「飲めない」「お酒は嫌い」等の否定的な言葉は言わず、「弱い」「詳しくない」等の表現を使い、相手の好きなお酒を肯定します。ワインをボトルでお願いするときは「弱いのでグラス1杯ぐらいしか飲めない」ことを前もって言っておきましょう。
 色や香りを楽しみ、ワインは唇を濡らす程度に少しずついただきます。
 ミネラルウォーターを一緒に頼むと楽でしょう。
 相手が熱心にお酒のことについて語り始めたら、熱心に聞いてください。
 飲めなくても、アルコールの歴史やワインのウンチクは興味深いものがあり、トレビア的な知識を楽しめばよいでしょう。

 もしホテルや一流レストランなら、テーブルごとにウエイターがつきます。お酒を頼む前や席に案内された後、化粧を直すフリをして自分のテーブル係りにコンタクトがとれたらしめたものです。
 自分が頼んだカクテルをすべてノンアルコールにしてもらうようにお願いすれば、相手が察してくれます。
 私も仕事の席で、この手を使いました。
 モスコミュールを頼めばレモンスカッシュにレモン果汁、ソルティドッグはグレープフルーツジュースなど、似た色のソフトドリンクにこっそり替えて貰い、飲みすぎを防いでいました。
 
 もし飲めないことをはっきり伝えられる雰囲気なら、シャンパン代わりに発泡ミネラルウォーターを頼むのもおしゃれです。 
posted by 東京マダム at 16:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Lesson21〜30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

Lesson27 お医者さんはお金持ち?

ところで高収入な職業というとまっさきに「医者」と思う方が多いと思います。
医者と結婚したいという女性は多く、結婚パーティでも「医者限定」やブログでも「医者と結婚する方法」なるテーマがたくさんあります。
私も親族に医者がいることから、お医者の奥様についての記事を多く書いてきました。

しかし、本当に医者は高収入な職業でしょうか?

続きを読む
posted by 東京マダム at 15:31| Comment(9) | TrackBack(0) | Lesson21〜30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

Lesson26 人は環境によって変わる(あるいは成長する)

先日、友人の結婚式に招待されました。
そこで驚いたのは、新婦である彼女はモデルのように綺麗な女性でしたが、彼女の友人たちも負けないくらい綺麗な子が揃っていたということです。

とある男性が言っていた台詞を思い出しました。
「ブスはブス同士で群れ、美人は美人同士で群れる」と。
昔からいう「類は友を呼ぶ」ということでしょうか。

それも一理あるとは思いますが、同時にわたしは、「逆もしかり」だと思うのです。

「美人のそばにいると美人になる。幸福な人のそばにいると幸福になる」

例えば会社、学校で貴女の隣席にすごい美人が座っています。
貴女は彼女を見てどう反応しますか?
美人はいいなあとため息をつく?それとも嫉妬します?

もし好奇心があり、向上心があるなら彼女にいろいろ質問してみるでしょう?
その肌や髪の美しさの秘密は?
食事にはどう気をつけている?
おすすめの美容品は?
目元のメイクの仕方を教えて・・・・等々。

もともと造詣が美しい人はいます。しかし、そんな人だって、肌が荒れ、髪はボサボサ、言葉遣いが汚く、仕草が下品だったら、とても美人とは思えないと思います。

美人は美人になる方法を知っています。
幸福な人は幸福になる方法を知っています。

貴女の周りにいる素敵な人を見つけてください。
きっと学ぶべきものがあるはずです。

そして貴女も、貴女の素敵なところを回りの人に分けてあげましょう。
そうやって人はお互いを磨きながら成長するのです。
posted by 東京マダム at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | Lesson21〜30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。